運動のすゝめ

運動のすゝめ

めっきり寒い日が続いていますね。
外に出る事も億劫になります・・・。

そんな時はちょっとだけ身体を動かしてみる事をお勧めします!
定期的に身体を動かすことは、認知機能や筋力の低下予防はもちろん、免疫力の向上が期待できる等、健康面でのメリットが沢山あります。
最近は新型コロナウイルスやインフルエンザウイルス等の感染症も流行しています。

今回は、ご自宅でテレビを見ながらでもできる簡単な運動を2つご紹介します。
定期的な運動で、丈夫な身体作りをしていきましょう!

【1】4分の1スクワット
・両足を肩幅より少し広めに開いて立ち、ゆっくりと膝を曲げます。
・その後、ゆっくりと元の姿勢に戻ります。

軽めの屈曲ですが、それで十分!椅子の背もたれや壁などに手をついたまま行ってもOKです。
3回~10回程度、無理のない回数で行うのがポイントです。

【2】肩・首回し運動
・指先を肩にのせたまま、肩をまわしていきます。
・前回しをした後、後ろ回しをします。

ゆっくりと大きく回すことによって、肩関節の可動域維持につながります。
また、首もゆっくり回すことで血行が良くなります。
前後、各5回程度行いましょう。
余裕があれば、少しずつ回数を増やしてみてください!

いかがでしたか?
身体を動かしてみると、気分転換やリフレッシュになりますね!

「今回ご紹介した運動だけじゃものたりない!」という方は、ご自宅でしっかりと準備運動をしてからお散歩をしてみたり、自治体が運営しているスポーツセンター主催の体操教室等に参加されてみては如何でしょうか?
スポーツセンター等では、その方に合わせたレベルで運動を楽しむことができたり、新しい交流が生まれたりすることもあります!
市区町村のホームページや、お住いの地域の広報等に情報が載っているかもしれませんので、気になった方はゼヒお調べになってみてください。

本日は、日常でちょっと役立つ情報のご紹介でした!
今回もご覧いただきありがとうございました!

記事作成:江戸川店(M.H.)


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!